<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

あかちゃんの生活とあそび

7月3日(金)、1歳未満の赤ちゃんを対象とした「あかちゃんの生活とあそび」と題して子育て講座を開催しましたー!

講師は、毎月の乳幼児発達相談会でおなじみの立石寿子先生きらきら

長年、私立保育園で園長として勤めらた保育に関してはプロ中のプロ!
ムーブメント教育に携わっていらっしゃったこともあり、今回は赤ちゃんむけの親子でできる簡単なムーブメント遊びを紹介していただきましたheart

たくさんの赤ちゃんたちが参加してくださいましたー!

0歳〜1歳は、感覚運動機能を育てる時期で、触感覚あそびを教えてくださいました。

その一つでムーブメント遊びをする中で 大事なことが3つあると立石先生はおっしゃっていました。
1.心からの笑顔
ママも心から楽しい気持ちでないと、お子さまも楽しめませんよね。ママの笑顔が一番大切ですよ。
2.お子さまへの言葉かけを忘れない
「気持ちいいね〜」などその時の気持ちや感触を言葉に出してあげると良いですよ。
3.お子さまの表情を観察すること
ママが良かれと思って取り組んでいても、お子さまにすると不快な気持ちになっている場合もありますよね。表情を読み取ってあげましょうね。

立石先生がまず取り出したのは…

お化粧の道具!!
パフやブラシ、化粧水を付ける道具など数種類持ってきてくださいました。
それをお子さまのお顔や腕、足などにそっと当てたりなでたりして感触を楽しみます。




普段味わったことのない感触に お子さまたちは興味津々でした。
その際も「ふわふわだね〜」「気持ちいいね〜」などと優しく声掛けをするママさんたち。

足や手の赤ちゃんマッサージの仕方も教わりました。

足の指をクルクル・ポン!優しく優しくお話しながらマッサージします。



お膝の上に乗せて お舟の歌を歌いながらゆらゆら〜ニコッ


とってもイイ表情〜moe

立石先生もおっしゃっていましたが、お子さまにとっては、やはりママが一番!
お仕事をしていらっしゃって普段はおばあちゃんが見ていたとしても、やっぱりママがいいんです。
ママの手や抱っこがお子さまにとって一番の安心材料なんですね〜。

今回 立石先生に教えていただいたムーブメント遊びはご自宅でも簡単にできる遊びばかりです。
ぜひ一緒に遊んで お子さまと楽しくコミュニケーションをはかってくださいね〜star
2015.07.04 Saturday 09:33 | - | - | 

母乳・卒乳についての相談会

平成27年2月10日(火)、助産師 三嶋百合子先生による子育て講座を開催しましたー!!

今回は、「母乳&卒乳について」と題して、座談会方式で、みなさんの母乳に関するちょっと困っていることやどうしたらいいか迷っていることなど話し合っていただきました☆
15人前後の親子の方々が参加してくださいました。
中には4月から仕事復帰をされて、お子様が入園される…という方も。

どんな質問があったか、またそれに対して三嶋先生がどんなふうに答えていらっしゃったかをざーっと書かせていただきます!


Q:(10か月のお子様)だんだんと日中の授乳の回数が減ってきたのですが、夜中は何回も起きておっぱいをあげている状態です。思い切って断乳をするべきなのか…と考えています。ちなみに上の子は1歳くらいまでは授乳していました。

Q:(10か月のお子様)離乳食をあまり食べてくれません。決まった時間に食事していますが、どうしても先におっぱいを欲しがります。離乳食を食べないので、ミルクの補充は必要でしょうか。

Q:(1歳5か月のお子様)夜だけおっぱいを欲しがり、何回も起きます。でも飲んでいるというより、ただ吸っているだけ…という感じです。私のほうがおっぱいが詰まってきてしまう…という状態になります。断乳をする良いきっかけではないか…と言われたのですが、4月からは保育園入園なので、ここで断乳をしてしまうと、不安な気持ちにさせてしまうのではないかと心配です。

Q:(7か月のお子様)母乳とミルクの混合です。おっぱいをあげていると最近乳首を噛むようになりました。「痛い!」と言うとニタニタと嬉しそうに笑い、困っています。

(三嶋先生)
2人目・3人目のお子様となると、長くおっぱいをあげたいという気持ちがありますよね。でも生活していく上で「しつけ」というものがあります。この「しつけ」で生活リズムを整えていくのです。「はい、これでおしまいよ」「これだけだよ」とキッチリ区切ることも大切です。小さい時からこうしていくと、お子様が大きくなってもダラダラとならず、メリハリのある生活になり良いと思います。
離乳食を食べない…という原因の一つはやはりおっぱいの問題があります。質問にもあるように、離乳食が始まるとおっぱいを欲しがる…とありますが、おっぱいって、実はママが思っているよりも結構な量を飲んでいるんですよ。水分でお腹いっぱいになりますよね。これでは離乳食は食べられません。やはりここでも「ここまで」と区切ってあげることが大事だと考えます。ミルクの補充は必要かという問いですが、私は必要ないと思います。おっぱいをやめればきっとたくさん食べるようになりますよ。
断乳をするかしないかというのは、母親次第です。助産師・保健師・保育士・栄養士といろんな人のそれぞれの意見があるので、それを聞いて最終的にどうするか判断するのはママですよ。保育園に入園したから、新しい環境に慣れるのも大変だし、ここでおっぱいをやめたらかわいそう…と思われるかもしれませんが、私は大丈夫だと考えます。むしろ、ママのほうが仕事もして家事もして子育てもして、夜中の授乳もして…というふうになると、睡眠不足になることは間違いないですし、体力もなくなりますよ。4月からの入園ならば、今のうちに断乳を考えて実行されて、お子様もママも夜ぐっすりと眠れる環境になることが大事なんじゃないかなと考えます。

Q:夜中におっぱいをあげずにいくにはどうしたらよいのでしょう。

(三嶋先生)
まず断乳を考えるなら日中の授乳の回数を減らすことから始めなくてはなりません。断乳をしようか迷っているという中で、夜中のおっぱいをやめたいと思うのは「やめ時」なのかもしれませんよ。
「やめよう!」と決めたら、お子様が泣くのに根負けして再びおっぱいをあげてしまうのでは、逆にお子様がかわいそうです。じゃあ今まで泣いて我慢してきたのは何だったのか…というふうになってしまいますよ。爐海瞭でやめよう瓩隼廚錣譴討い詁にちに赤丸を付けて、お子様にも「ここでやめるからね」と言い聞かせても良いと思います。案外お子様はわかっていますよ。
御主人や家族の御協力は欠かせないでしょう。ママと関わればどうしてもおっぱいを思い出してしましますから。家族がお子様の気をそらしてあげたり、寝かしつけてあげると案外すんなりと眠れたりすることがあります。


Q:(3か月のお子様)来月仕事復帰します。子は託児所に預けるのですが、今完全母乳の状態です。哺乳瓶でミルクを飲むようにはしています。ただ、自分のおっぱいが3時間経つとカチカチになってしまってつらいです。

(三嶋先生)
母乳の出る量は、出産3か月で決まると言われています。仕事復帰されても日中1〜2回はしっかりと搾乳したほうが良いでしょう。それをパックに入れて冷凍保存しておけば、翌日に哺乳瓶で飲ませてあげられるし。仕事から帰ってからは、お子様にたくさん吸ってもらえば大丈夫でしょう。

Q:(1歳11か月のお子様)日中数回授乳しています。夜中はほとんど起きず、ぐっすり眠ってくれています。卒乳を考えていますが、やめてすぐおっぱいマッサージをしていただいたほうが良いのでしょうか?

(三嶋先生)
やめて3日目くらいで、おっぱいマッサージにいらしたほうが良いでしょう。きちんとケアをしておいて、2人目・3人目に備えたほうが良いです。おっぱいマッサージをしてもらうことによって次の子のときに母乳が出やすくなりますよ。



ざーっとこんな感じでしょうか。
この時点で終了の時間となったので、相談会は終わらせていただいたのですが、その後数人のママさんが三嶋先生に質問をされていました。母乳やおっぱいのことについての話は尽きないですよね〜。

来月も三嶋先生にはお越しいただく予定です。
「あかちゃんとママの生活相談会」と題して、個別相談会を実施したいと思っています。
産後のママの不調、心と体の不安、育児のことなどを三嶋先生にお聞きください。
完全予約制とさせていただきます。
ご希望の方は一度ひよこ広場へ御連絡ください。

 
2015.02.13 Friday 14:13 | - | - | 

赤ちゃんもたくさん参加!ミュージックケア

11月18日(火)、子育てマイスター野路栄子先生によるミュージックケアが開催されましたー!

毎回、本当にたくさんの親子のみなさんが参加してくださるミュージックケア。
ひよこ広場に初めていらっしゃった方もたくさんいらっしゃってくださいました。
0歳の赤ちゃんから3歳のちょっと大きめのお子様たちまで、年齢幅がありましたが、野路先生がその場で臨機応変にプログラムを変更してくださるんですkyu

親子のふれあいを大切になさる野路先生。
プログラムの合間に「抱っこでぎゅー」をよく促しています。
ひとつのプログラムに取り組めたら「えらかったねー」とうんと褒めてぎゅーっと抱っこしてあげる…それがとても大事なことです と野路先生はおっしゃっていました。

まずは親子のふれあいから…

手をたたいたり、高い高いをしてもらったり…

毎回、シャボン玉を吹いてくださる野路先生。
2歳・3歳のお子様たちは興味津々で走っていきますゆう★

もちろん0歳のあかちゃんのところにもシャボン玉を吹いてくださいました。



音楽に合わせて楽器を鳴らす遊びもしました♪



赤ちゃんが多いでしょー?!
ママのおひざに座って、みんなとってもイイ子ちゃんでしたよmoe
ママさんたちもとてもリラックスしているような感じでしたし、何より座りながらも両手を精一杯動かしてやってみる…という姿が印象的でした。
これもとても大事なことですよね。ママさんが動く姿を子どもは赤ちゃんであってもじっと見ていますからきらきら

お次はバルーンを出してくださった野路先生。
バルーンの上にのって、指遊びをしましたstar

とってもイイ笑顔でしょ??


「じゃぁ、バルーンの上を歩いてみよう」の声かけに2歳・3歳のお子様はとても嬉しそうでした。



もちろん0歳の赤ちゃんや1歳のお子様たちも…


優しい色使いのバルーンがふわふわと揺れるたびに お子様たちが楽しそうに歩いたりハイハイしたりする姿が印象的でした。



終盤にさしかかって、親子で体を動かしてみましょう…と野路先生。
立って動く体操を教えてくださいました。
上記の写真のお子様、ホールの真ん中に出てきて楽しそうに踊っていたので、思わずパシャリカメラです。

最後は「フィンガーシンバル」という とっても小さなシンバルを鳴らしてくださって、静かでゆったりとした時間の中終了しました。

興味津々のこちらのお子様。
野路先生も触れるようにしゃがんでくださいました。

そして最後に「がんばったねー!」のぎゅー!!
赤ちゃんも3歳のお子様たちも みんなみんなよくがんばりました!

次回の野路先生のミュージックケアは来年1月9日(金)となっています。
雪の時期ですが、ご興味のある方はぜひいらしてくださいねstar
2014.11.19 Wednesday 14:27 | - | - | 

ミュージックケア 開催しました!

9月26日(金)、ミュージックケアを開催しましたー!!

講師は子育てマイスター 野路栄子先生kyu
ミュージックケアワーカーでいらっしゃって保育士でも有られます。
ひよこ広場でのミュージックケアはかれこれ何年目でしょう…
いつもとても人気の子育て講座ですきらきら


ミュージックケアとは…
音楽を通して お子さんの成長発達を促していく…というもの。
そして親子のコミュニケーションを十分に図れるということ。
お子さんをぎゅ〜っと抱っこしたり、う〜んと褒めてあげたり…
その都度、野路先生がどのようにお子さんとかかわったらよいか、教えてくださいます。



まずは シャボン玉★
2歳〜3歳のお子さんたちは嬉しそうに追いかけていましたゆう★

写真の掲載はできないのですが、生後5か月〜1歳くらいまでの赤ちゃんたちも参加しましたハート
ふわふわと動くシャボン玉に興味津々でしたゆう★
小さな赤ちゃんもママさんが抱っこして参加できるので、御興味のある方は一度参加してみてくださいねー!



果物のマラカスを持って、音楽に合わせて振ったり、ポトンと落としてみたり…
使い方でどんなふうにも遊べますねー♪

大きなバルーンも登場しました!
このバルーン、とっても優しい色合いで、肌触りも心地いいんですぴのこ:)

とってもイイ笑顔ですよねーmoe


最後はリラックスタイム〜き
みんなで横になって、野路先生が鳴らす楽器の音色に耳を傾けます。


必ず何かの行動のあとには、「拍手〜!」とお子さんをほめてあげるように促す野路先生。
お子さんのひとつひとつの行動に意味があって、できたことをたくさんほめてあげる…それが親子のコミュニケーション・スキンシップにつながったり、お子さんの成長発達を促すきっかけとなったりするんですね★
そして、今日楽しかったことをその場や家に帰ってから「今日、楽しかったねー」「こんなことをしたねー」と言葉にして伝えることも大切ですよーっと野路先生はおっしゃっていました。
日々の子育てでもとても大切なことです。
改めて大事なことを気づかせていただいた 子育て講座でしたkirakira

次回のミュージックケアは11月を予定しています☆
興味のある方はぜひ参加してみてくださいねー!
2014.09.26 Friday 14:34 | - | - | 

バイリンガルリトミック 〜part2〜

8月22日(金)、子育てマイスター講座「バイリンガルリトミック」を開催しましたー!!

写真左が、子育てマイスターの月田綾先生。英語講師でいらっしゃいます。
リトミック講師の小林暁子先生と一緒にバイリンガルリトミックを教えてくださいます。



毎回、このバイリンガルリトミックはたくさんの方が参加してくださっています★
本当にみなさんの関心が高いことがわかりますサキ

季節の単語を使ってみんなで動きながら楽しく英語と触れ合えましたゆう★





英語の絵本も読んでくださいましたきらきら
右の緑のポロシャツの方が小林先生です★

子どもたちも興味津々でしたーニコッ





ママのおひざの上に乗って、南の島に行ったり歌ったり…


みんなで踊ったり…


たーくさんママと触れ合えましたmoe
みんなとってもイイ笑顔ゆう★

最後は小林先生のフルートの演奏を聴きました。

本当にステキな音色ですゆう★

みんな うーっとり矢印自然と子どもたちが寄っていきました☆

こうして親子で楽しく英語にふれあえると 身近な存在に感じますね!
学生の頃は「英語か…沈」と授業のたびにブルーな気持ちになっていた私ですが、こうして楽しく学べるときっと好きになっていたと思います。
小さいときから楽しく英語にふれあえるってとっても素敵なことですね!
また来年度、月田先生&小林先生のバイリンガルリトミック、計画していますので、ぜひご参加くださいねーちゅん
2014.09.11 Thursday 10:59 | - | - | 

虫歯予防は食育から

毎回、とても良いお話なので、今回もブログで御紹介させてください!
6月3日(火)、小児歯科医師の大久保一郎先生による子育て講座を開催しましたー!

毎年、開催している大久保先生の子育て講座。
お子さまの歯に関することって みなさん関心が高くて真剣な表情で聞いていらっしゃいました。


こちらが大久保一郎先生。キッド歯科医院の医院長先生★
白ブチめがねがとっても素敵な先生です。見た目、ちょっとコワイ感じですが(笑)、お話するととっても気さくで質問に対しても的確にアドバイスしてくださいます!
私も中学生くらいまで 大久保先生に診ていただいてました。
私の従妹なんか、今でも通ってますよキッド歯科にき


まず、歯磨きについての話から入られました。
大久保先生のお考えは…2歳半ごろまでは歯磨きは必要ないと考えていらっしゃるようです。
「えっ??」と思ってしまいますが、それにはきちんと条件と理由がありまして、砂糖をとらないということが絶対条件です。
この絶対条件は少し置いといて、なぜ人は歯磨きをするのか…考えたことはありますか?
お風呂に入る・シャンプーをする・体を洗う…
そういったことと同じように犁遡嚇瓩亡兇犬討い襪里任呂覆い任靴腓Δ。
歯磨きには頼らないということが大切です…とのことです。

歯磨きに頼らず、虫歯にならない方法とはいったいどんな方法なのかと考えたとき、先ほどの絶対条件にある「砂糖をとらない」ということが第一なんだそうです。
しかし、砂糖を全くとらない生活というのはなかなか難しいことだと思います。お惣菜や外食なんかには家庭料理で使用する砂糖の量よりもかなりの量が含まれているとのことですので、休みの日に外に出かけたときなど、外食する機会というのは多くあると思いますし、仕事をしていればたまにお惣菜が夕食に並ぶことだってあると思います。
こういった犹妬のない状況瓩任呂覆、おやつの時や「泣き止まないから」と言ってアメを与えたりチョコレートを与えたりするというのはダメだとはっきりとおっしゃっていました。
なるべくそういったものは与えないようにし、虫歯にならない状況を作っていきましょうとのことです。

よく大久保先生がママさんたちに聞かれる質問として、「歯磨きを嫌がってさせてくれないんですけど…」といわれるママさんがいるそうです。それは当然のことだ…と大久保先生。
赤ちゃんはみな、おっぱいを吸って成長し、だんだんと離乳へと近づいていきます。
生まれたときは口の中はとても敏感で、何か異物が口の中へ入るとピリピリとするそうです。それを考えると、歯磨きを嫌がって当然ですよね。
おっぱいを吸ったり、おもちゃを口に入れてなめて確かめたり、指しゃぶりをしたりすることで、次第に鈍感化されていくそうです。
指しゃぶりは、口の中を鈍感にしていく大切な作業なんだそうです。
中には「歯並びが悪くなる」という情報がありますが、それは間違っている…と大久保先生はおっしゃってました。

3歳前に子どもに歯ブラシを持たせて、まず慣らしてみてはどうか。
3歳を過ぎたらママが磨いてあげるようにする…というふうにしてみましょうとのことです。

やはり第一前提は 3歳までは砂糖を与えないということ。
ただ、お家の都合で全く砂糖を与えないというのは無理かもしれない。例えば、祖父母との同居で、祖父母が与えてしまうということはよくあることで、大久保先生のところにも相談に来られる方がいらっしゃるそうです。
子どもたちに「甘いもの」=食べないもの というふうに認識させて、食べなかったらほめてあげるようにしたらどうか…
それでしのいでいくしかないと思う…と大久保先生。

3歳までは砂糖を与えないというと、ジュースやお菓子はいつからあげてもいいのですか?と聞かれるママさんもいらっしゃるそうです。
ジュースやお菓子は、ご飯とご飯の間に食べるものですよね。それでお腹がふくれてしまいます。
「おなかがすく」ということがとっても大切なんです。
おやつを食べるから「おなかがすいた」というのがわからない子が最近は多いそうです。そしてママ自身も子どもの「おなかがすいた」というサインがわからない人が多いとか…
きちんとおなかがすいて、3度の食事をしっかりととれば、必然的に砂糖を取らない生活になっていく…と大久保先生。
規則正しい生活こそが空腹を導き、砂糖をとらない=虫歯にならない方法につながるとのことでした。


以上が大久保先生がお話してくださった内容です。
毎年、「砂糖を与えない」というお話をしてくださるのですが、本当に納得の内容で、自分の子育てをちょっと見直す時間になります。
砂糖を与えないという話から規則正しい生活の話まで、聞いていると当たり前のことなのですが、つい自分に甘く、子どもに甘くなってしまいがち…
こうしてお話を聞いたりして改めて自分自身の生活や子育てを見つめなおす良い機会になれば幸いです☆
2014.06.03 Tuesday 14:43 | - | - | 

バイリンガル リトミック

4月22日(火) 子育てマイスター講座「バイリンガル リトミック」を開催しましたー!!
講師は、子育てマイスターの月田綾先生(右)♪現在 英語講師としてご活躍中。
そして小林暁子先生(左)♪リトミック講師としてご活躍です。

お二人が組んで、楽しく英語と音楽に触れられるリトミックを教えてくださいます★

今回は“イースター”をテーマにプログラムを作ってきてくださいましたーニコッ

毎回、こんな感じでステキなプログラムを作成してきてくださるんですよ♪
このプログラムに沿って進めてくださいます。

“セブン・ステップス” 春の英単語 という歌を歌いながら みんなでステップをふんだり、月田先生が言う英単語に合わせて動いたりしました。


みんな、とっても楽しそうちゅん
こんなふうに 親子で楽しく触れ合えるってイイですよね〜サキ

ママのおひざにのって…のリトミックもありました。


1歳〜2歳のお子様だけでなく、0歳のお子様の参加も今回は本当に多かったです。
でもこうしておひざに乗せてあげたり、立って動くときには抱っこして動いてあげれば 全然問題ナイです手赤ちゃんたちもとっても楽しそうでしたよkirakira2



ピアノに合わせてバスごっこもしましたーバス

嬉しいのか、ピョンピョンとママのお膝で飛び跳ねる子も…笑

月田先生が ステキな英語の絵本を読んでくださいました★


みんな、とってもイイ子で静かに聞いていましたよアンパンマン

最後は小林先生がフルートの演奏をしてくださいましたキラキラ
本当にステキな音色で 心がふわ〜っとあったかーくなりました。感動してちょっとウルっときた私笑
(写真がなくて申し訳ナイです〜)


たくさんの親子の方々が参加してくださった バイリンガルリトミック。
前回のときもそうでしたが、みなさんの関心が高く、お問い合わせの数もとっても多かったです。
でも、楽しく気軽に英語に触れられるというところが、このバイリンガルリトミックのイイところだと思います。
そして小林先生の音楽に合わせて動く…ことで、とても楽しくて、スッと英語に興味が向けるなぁと感じました。
何に対しても楽しく取り組めることがとても大切なことだと思いました★

次回のバイリンガルリトミックは8月22日に開催予定です。ホールで開催なので、ちょっと暑いと思います笑
御興味のある方はぜひ参加してみてくださいねー**
2014.04.23 Wednesday 16:23 | - | - | 

初めてのベビーマッサージ

今年度最初のマイスター講座は
三嶋百合子先生(助産師)によるベビーマッサージです!

ベビーマッサージは通常、受講料やオイル代など 
料金がかかる講座なのですが、
ひよこ広場のベビーマッサージは無料です。
講座のテーマにも掲げています「初めてのベビーマッサージ」と題しているように、"初めて”の方を限定にさせていただいてベビーマッサージのカジリのような感じでやらせていただいています。
というわけで、30分間と限られた時間の中で、
下半身の部分マッサージを三嶋先生にお願いしました。

毎回、問い合わせ殺到の三嶋先生のベビーマッサージ★
今回は完全予約制とさせていただきまして、ゆったりと広々と取り組んでいただくためホールで行いました。



2組の双子のお子様も参加されましたー。
生後3か月〜4か月ということで、とってもカワイイ双子ちゃん。
マッサージ中、とってもイイ子でしたき

最初にお子様の肌にオイルテストをしました。
小豆島から取り寄せていらっしゃる天然のオリーブオイルです。
肌にスーッとなじんで、べたべたせずとってもなめらか〜。

指輪や手首につけている時計やアクセサリーははずしましょう。

こちらはオイルを入れたお皿なのですが、中に一緒に指輪等を入れておくと忘れないよとの三嶋先生の助言で、みなさんオイルの中へ…
天然のオイルだからこそできることなのかな…


まずはママさんたちが自分の手にオイルをなじませます。

太ももを内側に向かって優しくねじるようにマッサージしていきます。「気持ちいいね〜ニコッ」などと、お子様にお声をかけてあげると親子のコミュニケーションもとれますね♪

おばあちゃまも一緒に参加されてたご家族もいらっしゃいました。
一緒にマッサージの仕方を覚えてもらえたらとってもイイですね手

ママさんたちのマッサージをするときの姿勢も大事だよ…
と、三嶋先生。
正座をするか、片足を立てるか、

こんな感じで足を開いて、足首あたりにお子様を乗せてあげるスタイルでもよいそうですよニコ

足の指をクルクル…

優しくポンっと離します★

手のひらでお子様の足をコロコロ…
とっても気持ちよさそう…ゆう★

ハイハイで動くお子様にも ママさん一生懸命マッサージkyu


上のお子様がいらっしゃるママさんは 下の子と一緒に上の子も…

同時にマッサージ!!


こちらは上のお子様が三嶋先生の「足の裏を優しく指圧しましょう」の声に、ママの頭を指圧しているお写真です(笑)

30分間という短い時間だったので、駆け足で部分マッサージが終了した…という感じでしたが、お子様にとってベビーマッサージという行為はとっても良いことです。
最近は冷え性のお子様が多かったり、筋肉が緊張して背中が反りやすくなっていたり…
ベビーマッサージをしてあげることで、血行をよくしてあげたり緊張をほぐしてあげるだけでなく、親子のコミュニケーションがとれるとっても良い行為だと思います。
今回のベビーマッサージを機に、本格的なベビーマッサージの講座に参加されてみるのもいいんじゃないかなーと思いますよ。

ベビーマッサージ終了後、お部屋を移動して育児相談会も実施しましたー。
みなさん、三嶋先生に聞きたいことたくさん質問されてました★

また、秋ごろに「初めてのベビーマッサージ」の講座を予定しています。
「初めて」のお子様はぜひご連絡くださいねー!!


 
2014.04.18 Friday 13:59 | - | - | 

今年最初のミュージック・ケア

1月7日(火)、今年最初のミュージック・ケアが開催されましたー!!

御指導いただいたのは、おなじみ 子育てマイスター野路栄子先生。
毎回、野路先生の講座を楽しみされていらっしゃる方も多くて、
今日もたくさんの親子のみなさんが参加してくださいましたー☆★

そして今回は、ピアノの生演奏をしてくださって、ミュージック・ケアの
お手伝いをしてくださった方がいらっしゃいます。

向かって右の男性。佐藤久紀先生です☆
佐藤先生は、以前中学校で音楽を教えていらっしゃったそうで、
現在は別のお仕事をしながら編曲をしたり作ったりしていらっしゃる
そうです。
実はウチのスタッフの御主人なのですkyu
お忙しい中、今日は協力していただきましたニコッ

まずは、親子でスキンシップ❤

右や左に体を傾けて、ママに支えてもらいながらバランスを
とったりしていました。なかなか楽しそうでした★

ピアノの生演奏を聴きながら、みんなで手をつないで
輪になってみました。

1組…2組…と手をつなぐ人数を増やしていって…

とっても大きな輪になりました。

男の方が弾かれるピアノは、とっても力強くてイイですね!
みんなしっかり聴けて、楽しそうに手をつないでいました〜き

続いて、恒例のしゃぼん玉…

2〜3歳のお子さんたちが興味津々です!!
みんな、しゃぼん玉づくりにチャレンジ★
上手に吹けるかな…⁇

野路先生が出してくれたしゃぼん玉に みんな触りたくて
一生懸命です(笑)

続いて野路先生、鈴やマラカスを出してくださって
みんなでリズム遊びをしました〜。

野路先生の指示に従って、頭やほっぺ、おしりをトントンする
お子さまたちひらめき
とてもかわいかったので、後ろからパシャリカメラ

ママのお膝で楽しそうに鈴を鳴らすお子さまたち。


お次はバルーン!
大きなバルーンの上をみんなでハイハイしてみました。

こちらのお子さま、テンションが高く、
楽しすぎて終始 歌をうたったりバンザイをしたり…(笑)


最後は佐藤先生のピアノを聞きながらリラックスタイム〜♪
小さな赤ちゃんもじっくりと聴き入っていました★

親子でう〜と触れ合ったり、ピアノの生演奏を聴いたりと
とっても贅沢な時間が過ごせましたき
野路先生のミュージック・ケアは今年度は終了しました。
また来年度にも実施の予定ですので、
ぜひいらしてくださいね〜!!
2014.01.08 Wednesday 12:31 | - | - | 

親子でしかけ絵本作り

久しぶりの 犹勸蕕胴嶌”のブログ、更新です!!

12月13日(金)、30組限定で、「しかけ絵本づくり」の講座を開催しましたー★
教えてくださったのは 子育てマイスターで、絵本アドバイザーの武藤英子先生heart

しかけ絵本作りの前に、武藤先生が絵本や手遊びを教えてくださいました。
ママ向けの絵本と、お子様向けの絵本を1冊づつ読んでくださいました。
ママ向けの絵本は、「うまれてきてくれてありがとう」という絵本でした★
とってもステキなお話しだったので、またひよこ広場でも購入したいと思います♪

武藤先生が読んでくださる絵本にみんな、興味津々でしたクローバー

さて!いよいよ絵本作り!!

やり方を聞いて、みなさん思い思いに絵を描いていらっしゃいました。



こちらのお子様、とっても絵が上手❤
思わず、スタッフがパシャリカメラしました〜。
顔も体も全部一人で描いたそうです。
すごく上手〜拍手

最後はお子様向けに紙芝居と手遊びをしてくださいました★

みんな、チョー真剣!!

親子で制作して、楽しい時間が過ごせたのではないでしょうか??

材料の関係上、30組限定とさせていただいた今回の講座。
当日、こういった講座があることを知らず遊びに来られて急きょ申し込みをされた方もいらっしゃったのですが、ご希望に添えなかった部分があったかもしれません。申し訳ありませんでした。
また来年、武藤先生の講座を開催する予定でいますので、そのときはまたぜひ御参加くださいね〜!!
2013.12.13 Friday 13:56 | - | - | 
 | 1 / 12 PAGES | >>