<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

あかちゃんの生活とあそび

7月3日(金)、1歳未満の赤ちゃんを対象とした「あかちゃんの生活とあそび」と題して子育て講座を開催しましたー!

講師は、毎月の乳幼児発達相談会でおなじみの立石寿子先生きらきら

長年、私立保育園で園長として勤めらた保育に関してはプロ中のプロ!
ムーブメント教育に携わっていらっしゃったこともあり、今回は赤ちゃんむけの親子でできる簡単なムーブメント遊びを紹介していただきましたheart

たくさんの赤ちゃんたちが参加してくださいましたー!

0歳〜1歳は、感覚運動機能を育てる時期で、触感覚あそびを教えてくださいました。

その一つでムーブメント遊びをする中で 大事なことが3つあると立石先生はおっしゃっていました。
1.心からの笑顔
ママも心から楽しい気持ちでないと、お子さまも楽しめませんよね。ママの笑顔が一番大切ですよ。
2.お子さまへの言葉かけを忘れない
「気持ちいいね〜」などその時の気持ちや感触を言葉に出してあげると良いですよ。
3.お子さまの表情を観察すること
ママが良かれと思って取り組んでいても、お子さまにすると不快な気持ちになっている場合もありますよね。表情を読み取ってあげましょうね。

立石先生がまず取り出したのは…

お化粧の道具!!
パフやブラシ、化粧水を付ける道具など数種類持ってきてくださいました。
それをお子さまのお顔や腕、足などにそっと当てたりなでたりして感触を楽しみます。




普段味わったことのない感触に お子さまたちは興味津々でした。
その際も「ふわふわだね〜」「気持ちいいね〜」などと優しく声掛けをするママさんたち。

足や手の赤ちゃんマッサージの仕方も教わりました。

足の指をクルクル・ポン!優しく優しくお話しながらマッサージします。



お膝の上に乗せて お舟の歌を歌いながらゆらゆら〜ニコッ


とってもイイ表情〜moe

立石先生もおっしゃっていましたが、お子さまにとっては、やはりママが一番!
お仕事をしていらっしゃって普段はおばあちゃんが見ていたとしても、やっぱりママがいいんです。
ママの手や抱っこがお子さまにとって一番の安心材料なんですね〜。

今回 立石先生に教えていただいたムーブメント遊びはご自宅でも簡単にできる遊びばかりです。
ぜひ一緒に遊んで お子さまと楽しくコミュニケーションをはかってくださいね〜star
2015.07.04 Saturday 09:33 | - | - | 

母乳・卒乳についての相談会

平成27年2月10日(火)、助産師 三嶋百合子先生による子育て講座を開催しましたー!!

今回は、「母乳&卒乳について」と題して、座談会方式で、みなさんの母乳に関するちょっと困っていることやどうしたらいいか迷っていることなど話し合っていただきました☆
15人前後の親子の方々が参加してくださいました。
中には4月から仕事復帰をされて、お子様が入園される…という方も。

どんな質問があったか、またそれに対して三嶋先生がどんなふうに答えていらっしゃったかをざーっと書かせていただきます!


Q:(10か月のお子様)だんだんと日中の授乳の回数が減ってきたのですが、夜中は何回も起きておっぱいをあげている状態です。思い切って断乳をするべきなのか…と考えています。ちなみに上の子は1歳くらいまでは授乳していました。

Q:(10か月のお子様)離乳食をあまり食べてくれません。決まった時間に食事していますが、どうしても先におっぱいを欲しがります。離乳食を食べないので、ミルクの補充は必要でしょうか。

Q:(1歳5か月のお子様)夜だけおっぱいを欲しがり、何回も起きます。でも飲んでいるというより、ただ吸っているだけ…という感じです。私のほうがおっぱいが詰まってきてしまう…という状態になります。断乳をする良いきっかけではないか…と言われたのですが、4月からは保育園入園なので、ここで断乳をしてしまうと、不安な気持ちにさせてしまうのではないかと心配です。

Q:(7か月のお子様)母乳とミルクの混合です。おっぱいをあげていると最近乳首を噛むようになりました。「痛い!」と言うとニタニタと嬉しそうに笑い、困っています。

(三嶋先生)
2人目・3人目のお子様となると、長くおっぱいをあげたいという気持ちがありますよね。でも生活していく上で「しつけ」というものがあります。この「しつけ」で生活リズムを整えていくのです。「はい、これでおしまいよ」「これだけだよ」とキッチリ区切ることも大切です。小さい時からこうしていくと、お子様が大きくなってもダラダラとならず、メリハリのある生活になり良いと思います。
離乳食を食べない…という原因の一つはやはりおっぱいの問題があります。質問にもあるように、離乳食が始まるとおっぱいを欲しがる…とありますが、おっぱいって、実はママが思っているよりも結構な量を飲んでいるんですよ。水分でお腹いっぱいになりますよね。これでは離乳食は食べられません。やはりここでも「ここまで」と区切ってあげることが大事だと考えます。ミルクの補充は必要かという問いですが、私は必要ないと思います。おっぱいをやめればきっとたくさん食べるようになりますよ。
断乳をするかしないかというのは、母親次第です。助産師・保健師・保育士・栄養士といろんな人のそれぞれの意見があるので、それを聞いて最終的にどうするか判断するのはママですよ。保育園に入園したから、新しい環境に慣れるのも大変だし、ここでおっぱいをやめたらかわいそう…と思われるかもしれませんが、私は大丈夫だと考えます。むしろ、ママのほうが仕事もして家事もして子育てもして、夜中の授乳もして…というふうになると、睡眠不足になることは間違いないですし、体力もなくなりますよ。4月からの入園ならば、今のうちに断乳を考えて実行されて、お子様もママも夜ぐっすりと眠れる環境になることが大事なんじゃないかなと考えます。

Q:夜中におっぱいをあげずにいくにはどうしたらよいのでしょう。

(三嶋先生)
まず断乳を考えるなら日中の授乳の回数を減らすことから始めなくてはなりません。断乳をしようか迷っているという中で、夜中のおっぱいをやめたいと思うのは「やめ時」なのかもしれませんよ。
「やめよう!」と決めたら、お子様が泣くのに根負けして再びおっぱいをあげてしまうのでは、逆にお子様がかわいそうです。じゃあ今まで泣いて我慢してきたのは何だったのか…というふうになってしまいますよ。爐海瞭でやめよう瓩隼廚錣譴討い詁にちに赤丸を付けて、お子様にも「ここでやめるからね」と言い聞かせても良いと思います。案外お子様はわかっていますよ。
御主人や家族の御協力は欠かせないでしょう。ママと関わればどうしてもおっぱいを思い出してしましますから。家族がお子様の気をそらしてあげたり、寝かしつけてあげると案外すんなりと眠れたりすることがあります。


Q:(3か月のお子様)来月仕事復帰します。子は託児所に預けるのですが、今完全母乳の状態です。哺乳瓶でミルクを飲むようにはしています。ただ、自分のおっぱいが3時間経つとカチカチになってしまってつらいです。

(三嶋先生)
母乳の出る量は、出産3か月で決まると言われています。仕事復帰されても日中1〜2回はしっかりと搾乳したほうが良いでしょう。それをパックに入れて冷凍保存しておけば、翌日に哺乳瓶で飲ませてあげられるし。仕事から帰ってからは、お子様にたくさん吸ってもらえば大丈夫でしょう。

Q:(1歳11か月のお子様)日中数回授乳しています。夜中はほとんど起きず、ぐっすり眠ってくれています。卒乳を考えていますが、やめてすぐおっぱいマッサージをしていただいたほうが良いのでしょうか?

(三嶋先生)
やめて3日目くらいで、おっぱいマッサージにいらしたほうが良いでしょう。きちんとケアをしておいて、2人目・3人目に備えたほうが良いです。おっぱいマッサージをしてもらうことによって次の子のときに母乳が出やすくなりますよ。



ざーっとこんな感じでしょうか。
この時点で終了の時間となったので、相談会は終わらせていただいたのですが、その後数人のママさんが三嶋先生に質問をされていました。母乳やおっぱいのことについての話は尽きないですよね〜。

来月も三嶋先生にはお越しいただく予定です。
「あかちゃんとママの生活相談会」と題して、個別相談会を実施したいと思っています。
産後のママの不調、心と体の不安、育児のことなどを三嶋先生にお聞きください。
完全予約制とさせていただきます。
ご希望の方は一度ひよこ広場へ御連絡ください。

 
2015.02.13 Friday 14:13 | - | - | 

赤ちゃんもたくさん参加!ミュージックケア

11月18日(火)、子育てマイスター野路栄子先生によるミュージックケアが開催されましたー!

毎回、本当にたくさんの親子のみなさんが参加してくださるミュージックケア。
ひよこ広場に初めていらっしゃった方もたくさんいらっしゃってくださいました。
0歳の赤ちゃんから3歳のちょっと大きめのお子様たちまで、年齢幅がありましたが、野路先生がその場で臨機応変にプログラムを変更してくださるんですkyu

親子のふれあいを大切になさる野路先生。
プログラムの合間に「抱っこでぎゅー」をよく促しています。
ひとつのプログラムに取り組めたら「えらかったねー」とうんと褒めてぎゅーっと抱っこしてあげる…それがとても大事なことです と野路先生はおっしゃっていました。

まずは親子のふれあいから…

手をたたいたり、高い高いをしてもらったり…

毎回、シャボン玉を吹いてくださる野路先生。
2歳・3歳のお子様たちは興味津々で走っていきますゆう★

もちろん0歳のあかちゃんのところにもシャボン玉を吹いてくださいました。



音楽に合わせて楽器を鳴らす遊びもしました♪



赤ちゃんが多いでしょー?!
ママのおひざに座って、みんなとってもイイ子ちゃんでしたよmoe
ママさんたちもとてもリラックスしているような感じでしたし、何より座りながらも両手を精一杯動かしてやってみる…という姿が印象的でした。
これもとても大事なことですよね。ママさんが動く姿を子どもは赤ちゃんであってもじっと見ていますからきらきら

お次はバルーンを出してくださった野路先生。
バルーンの上にのって、指遊びをしましたstar

とってもイイ笑顔でしょ??


「じゃぁ、バルーンの上を歩いてみよう」の声かけに2歳・3歳のお子様はとても嬉しそうでした。



もちろん0歳の赤ちゃんや1歳のお子様たちも…


優しい色使いのバルーンがふわふわと揺れるたびに お子様たちが楽しそうに歩いたりハイハイしたりする姿が印象的でした。



終盤にさしかかって、親子で体を動かしてみましょう…と野路先生。
立って動く体操を教えてくださいました。
上記の写真のお子様、ホールの真ん中に出てきて楽しそうに踊っていたので、思わずパシャリカメラです。

最後は「フィンガーシンバル」という とっても小さなシンバルを鳴らしてくださって、静かでゆったりとした時間の中終了しました。

興味津々のこちらのお子様。
野路先生も触れるようにしゃがんでくださいました。

そして最後に「がんばったねー!」のぎゅー!!
赤ちゃんも3歳のお子様たちも みんなみんなよくがんばりました!

次回の野路先生のミュージックケアは来年1月9日(金)となっています。
雪の時期ですが、ご興味のある方はぜひいらしてくださいねstar
2014.11.19 Wednesday 14:27 | - | - | 

ミュージックケア 開催しました!

9月26日(金)、ミュージックケアを開催しましたー!!

講師は子育てマイスター 野路栄子先生kyu
ミュージックケアワーカーでいらっしゃって保育士でも有られます。
ひよこ広場でのミュージックケアはかれこれ何年目でしょう…
いつもとても人気の子育て講座ですきらきら


ミュージックケアとは…
音楽を通して お子さんの成長発達を促していく…というもの。
そして親子のコミュニケーションを十分に図れるということ。
お子さんをぎゅ〜っと抱っこしたり、う〜んと褒めてあげたり…
その都度、野路先生がどのようにお子さんとかかわったらよいか、教えてくださいます。



まずは シャボン玉★
2歳〜3歳のお子さんたちは嬉しそうに追いかけていましたゆう★

写真の掲載はできないのですが、生後5か月〜1歳くらいまでの赤ちゃんたちも参加しましたハート
ふわふわと動くシャボン玉に興味津々でしたゆう★
小さな赤ちゃんもママさんが抱っこして参加できるので、御興味のある方は一度参加してみてくださいねー!



果物のマラカスを持って、音楽に合わせて振ったり、ポトンと落としてみたり…
使い方でどんなふうにも遊べますねー♪

大きなバルーンも登場しました!
このバルーン、とっても優しい色合いで、肌触りも心地いいんですぴのこ:)

とってもイイ笑顔ですよねーmoe


最後はリラックスタイム〜き
みんなで横になって、野路先生が鳴らす楽器の音色に耳を傾けます。


必ず何かの行動のあとには、「拍手〜!」とお子さんをほめてあげるように促す野路先生。
お子さんのひとつひとつの行動に意味があって、できたことをたくさんほめてあげる…それが親子のコミュニケーション・スキンシップにつながったり、お子さんの成長発達を促すきっかけとなったりするんですね★
そして、今日楽しかったことをその場や家に帰ってから「今日、楽しかったねー」「こんなことをしたねー」と言葉にして伝えることも大切ですよーっと野路先生はおっしゃっていました。
日々の子育てでもとても大切なことです。
改めて大事なことを気づかせていただいた 子育て講座でしたkirakira

次回のミュージックケアは11月を予定しています☆
興味のある方はぜひ参加してみてくださいねー!
2014.09.26 Friday 14:34 | - | - | 

バイリンガルリトミック 〜part2〜

8月22日(金)、子育てマイスター講座「バイリンガルリトミック」を開催しましたー!!

写真左が、子育てマイスターの月田綾先生。英語講師でいらっしゃいます。
リトミック講師の小林暁子先生と一緒にバイリンガルリトミックを教えてくださいます。



毎回、このバイリンガルリトミックはたくさんの方が参加してくださっています★
本当にみなさんの関心が高いことがわかりますサキ

季節の単語を使ってみんなで動きながら楽しく英語と触れ合えましたゆう★





英語の絵本も読んでくださいましたきらきら
右の緑のポロシャツの方が小林先生です★

子どもたちも興味津々でしたーニコッ





ママのおひざの上に乗って、南の島に行ったり歌ったり…


みんなで踊ったり…


たーくさんママと触れ合えましたmoe
みんなとってもイイ笑顔ゆう★

最後は小林先生のフルートの演奏を聴きました。

本当にステキな音色ですゆう★

みんな うーっとり矢印自然と子どもたちが寄っていきました☆

こうして親子で楽しく英語にふれあえると 身近な存在に感じますね!
学生の頃は「英語か…沈」と授業のたびにブルーな気持ちになっていた私ですが、こうして楽しく学べるときっと好きになっていたと思います。
小さいときから楽しく英語にふれあえるってとっても素敵なことですね!
また来年度、月田先生&小林先生のバイリンガルリトミック、計画していますので、ぜひご参加くださいねーちゅん
2014.09.11 Thursday 10:59 | - | - | 
 | 1 / 30 PAGES | >>